メニュー

腰部神経根ブロック

 腰椎から下肢へ伸びてゆく末梢神経の束を腰部神経根といいます。この腰部神経根は下肢の筋肉を動かしたり下肢の感覚を脳に知らせたりするための電気信号の通り道です。この神経根が病気によって急性または慢性の圧迫を受けると下肢に痛みやしびれが生じたり、下肢の脱力が生じて歩けなくなったりすることがあります。

 腰部神経根由来の下肢痛を生じる病気の代表は腰椎椎間板ヘルニア、神経根型の腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間孔狭窄症などです。神経根由来の下肢痛が生じましたら、まずは安静や抗炎症薬の内服、また、必要でしたら仙骨裂孔ブロック(硬膜外ブロックの一つです)などを試します。しかし、痛みが続き日常生活が困難となった場合は腰部神経根ブロックが選択肢になります。神経根ブロックはレントゲン透視をみながら痛みの原因である神経根にブロック針を直接あて、ステロイドと抗炎症薬を注射する治療法です。痛みを生じている神経根を直接ブロックしますので、直後から劇的に痛みが軽快するのが特徴です。ただし、なるべく優しく触れるように努力しておりますが、ブロック針が神経に触れた時は痛みが走ります。また、神経根ブロックは神経根を圧迫しているヘルニアや骨棘を摘出するような手術ではありませんから、神経の炎症が強い場合は除痛効果も短時間に終わることがあります。

 それでも、痛み自体が痛みを誘発して痛みを繰り返す「痛みの連鎖」を断ち切ることができる有力な方法ですので、しつこい神経痛に一度試してみたい治療です。神経根ブロックは診断確定にも利用されます。例え効果が短時間に終わっても痛みの由来となる神経根が特定できますから、手術が必要な場合に手術する場所を決める手助けになります。少なくとも痛みの原因が特定できれば手術で治る可能性がでますので、患者さんは永遠に苦しまなくてよいことが分かり安心することができます。 神経根ブロックは手術ではない治療(保存的治療)のなかで最も強力な治療法です。しかし、ブロックをしても痛みを容易に繰り返す場合、短期間で頻回にブロックを行うことは神経根が傷つく恐れがありお勧めいたしません。その場合は手術も考慮せざるを得ないと思います。当院が連携しております下関市立市民病院での手術や患者さんのご希望の病院へのご紹介など、患者さんのご希望に沿った次の治療をお手伝い致しますので、遠慮なくお気楽にご相談ください。